サプリメント

THE Pre-Workout+ – 次世代スポーツ栄養サプリメントのご紹介

著者: Lauren Dawes
監修者(栄養学):Jennifer Blow(栄養士)

THE Pre-Workout+ は、マイプロテインの最新プレワークアウトサプリメントです。トレーニング開始前にお試しになってはいかがでしょうか?

THE Pre-Workout+ は強力な配合となっています。身体のエネルギーが全開になり、限界を超えられるよう設計されています。ぜひお試しください!!

複合相カフェインリリース

カフェインはプレワークアウト成分として重要で人気の高い成分です。カフェインが運動にもたらす有益な効果については、科学的研究によって明らかになっています。特に、カフェインが疲労を感じるタイミングを遅延させる作用やパワーレベルを向上させる作用について何度も研究されており、周知の事実です。

マイプロテインの PhaseTechタイムリリーステクノロジー(長時間徐放技術)は革新的で、THE Pre-Workout+ を摂取すれば一時的に体内のカフェイン濃度が高まるだけではありません。最先端のビートレット(弊社独自の二重構造カプセル)に、段階的に成分を放出するコーティングを施しています。カフェインはこのビートレットに封入されていますので、エネルギーが高まった状態がより長期間続きます。トレーニングをより長い間、強度を上げて行うには理想的です。

カフェイン摂取で神経過敏になることが嫌ですって?心配することはありません!そういう方がいることもマイプロテインでは考慮に入れていますよ!アミノ酸であるL-テアニンを配合し、カフェイン摂取により副作用が生じる人の対策を立てています。

トレーニングに専念できる

トレーニング成果を上げるのに真剣に取り組むべきは、身体的な状態ではなく、実際的には気持ちの方にある場合があります。月曜の夜、eメール処理や会議に長い時間を費やした後、スクワットラックでトレーニングするよりもソファーでゆっくりしたくなるかもしれませんね?

こういう場合にTHE Pre-Workout+ を利用しましょう!THE Pre-Workout+はカフェインに加え、フペルジンAとα-GPCという素晴らしい新成分が配合されており、メンタル面でもコンディションを高めてトレーニングに挑むことができます。

パンプ感を高める

パンプ感のないプレワークアウトなんてあるでしょうか?THE Pre-Workout+にはマイプロテインがこれまでに配合したことのない素晴らしい成分を配合しました。それはVASO6(特許済みのグリーンティー エキス)とセイヨウサンザシ抽出物で、トレーニーにとって非常に良い成分なのです。

成分の理想的な配合バランス

配合成分についての説明もこれで最後になりますが、THE Pre-Workout+には研究が盛んにされている複数の成分が1つのブレンド製品に配合されているわけです。ですので当然、身体がそれらの配合成分をきちんと活用できるように手助けした方が良いでしょう。そのためにアストラジンとバイオペリンが配合されているのです。アストラジンはアミノ酸の、バイオペリンはビタミン・ミネラル類を体内で効率よく活用するサポートをしてくれる成分です。

THE Pre-Workout+ がおすすめの人

THE Pre-Workout+ はトレーニングレベルを上げたい人におすすめです。自己ベストを縮めたいプロアスリートにも、いつものトレーニングに全力で取り組みたいジム愛好家の方にもTHE Pre-Workout+はぴったりの製品なのです。

摂取タイミング

THE Pre-Workout+ から最大の効果を得るには、トレーニングの約30分前の摂取をお勧めします。そうすれば高機能成分がトレーニング前に作用し始め、トレーニングを元気いっぱいに始められます。しかもマイプロテインオリジナルのPhaseTechタイムリリーステクノロジーによって、長時間にわたり効果が得られ続けるのです!

まとめ

THE Pre-Workout+ は、素晴らしい結果が得られます!次世代のスポーツ栄養サプリメントシリーズ、PhaseTechを利用してパワーレベルを上げましょう!


  • Graham, T., Rush, J. and Soeren, M. (1994). Caffeine and Exercise: Metabolism and Performance.Canadian Journal of Applied Physiology, 19(2), pp.111-138.
  • Graham, T. (2001).Caffeine and Exercise.Sports Medicine, [online] 31(11), pp.785-807.
  • Directorate General Health and Food Safety.
  • Zhang, H. and Tang, X. (2006).Neuroprotective effects of huperzine A: new therapeutic targets for neurodegenerative disease.Trends in Pharmacological Sciences, 27(12), pp.619-625.
  • Parker, A., Byars, A., Purpura, M. and Jager, R. (2015).The effects of alpha-glycerylphosphorylcholine, caffeine or placebo on markers of mood, cognitive function, power, speed, and agility.Journal of the International Society of Sports Nutrition, 12(1).
  • Rigelsky, J. and Sweet, B. (2002).Hawthorn: pharmacology and therapeutic uses.American Journal of Health-System Pharmacy, 59(5), pp.417-422.
  • U.S. Patent No 6,706,756 BI, Fig.7
  •  Schlaich MP, Jacobi J, John S, Delles C, Fleischmann I, Schmieder RE.(2000).Is l-arginine infusion an adequate tool to assess endothelium-dependent vasodilation of the human renal vasculature.Clin Sci (Lond).99 (4), 293-302.
  • AstraGin; NuLivScience; “Clinically Demonstrated to Significantly Increase the Absorption of Amino Acids, Peptides, Vitamins, and Other Nutrients in Intestinal Cells to enhance the Nutritional Value of Targeted functional Foods and Supplements”
  • Majeed, M., Badamaev, V. and Rajendran, R. (1998).Use of Piperine as a Bioavailability Enhancer.United States Patent.
  • Vitamin B12 and C contribute to the reduction of tiredness and fatigue.
  • Vitamin B12 and C contribute to the normal function of the immune system.
  • Kimura, K., Ozeki, M., Juneja, L. and Ohira, H. (2007).L-Theanine reduces psychological and physiological stress responses. Biological Psychology, 74(1), pp.39-45.

ポストタグなし



Jennifer Blow

Jennifer Blow

作成者

ジェニファー・ブロウ(Jennifer Blow)はマイプロテインの編集者で、UKVRN*登録の栄養士としてキャリアを始めたばかり。栄養科学の学士号と栄養学の修士号を保有。現在は、スポーツサプリメントの健康・フィットネスへの使用について、科学的根拠に基づいた調査・研究を行なっています。*UKVRN:英国における栄養士の登記簿。登録には高い専門性と能力が必要。

また、エクササイズや健康的なライフスタイルのための栄養科学を専門としていることから、ヴォーグ、エル、グラツィアなどの有名オンライン雑誌に栄養士として登場しています。

これまで、NHS(イギリスの国民保健サービス)と協同で食生活への介入研究を行ったり、オメガ3脂肪酸サプリメントについてや、ファストフードが健康に及ぼす影響についての学術研究など、幅広い経験を積んできました。特に後者に関しては、毎年開催されるNutrition Society Conferenceで発表も行いました。さらに、プロ養成のために開催されるイベントにも多く出席し、常に高い専門性を維持しようと努めています。

ジェニファーについて詳細は、こちらをご覧ください。

プライベートでは、ヒルウォーキングとサイクリングの愛好家。SNSを通じて、我慢しなくても健康的な食生活が送れることを広めています。