メインページへ進む
サプリメント

クレアチンサプリメントの全てを徹底解説!

クレアチンサプリメントの全てを徹底解説!
Myprotein Japan
作成者7月 前
プロフィールを見る

作成者:渡部 早紗(フリーランス管理栄養士)

 

パフォーマンス向上効果が科学的に証明されているクレアチン。クレアチンは、ハードなトレーニングを行うアスリートや、短距離走やラグビーなど瞬発力が求められるスポーツ選手が愛飲している栄養素です。

 

食事量だけでは必要量の確保が難しいため、サプリメントを活用することで、クレアチンの摂取量を簡単に増やすことができるでしょう。この記事では、クレアチンサプリメントの作用や、目的別に合ったクレアチンサプリメントの選び方について解説します。

 

 

クレアチンとは?

 

クレアチンとは、筋肉が収縮する際に必要なATPと呼ばれるエネルギーの再生に必要なアミノ酸です。体内においてアルギニン・グリシン・メチオニンから合成され、90〜95%は筋肉中に貯蔵されます。

 

クレアチンモノハイドレートとは、最も運動に効果的な組成のクレアチンです。安定性や吸収性が優れているため栄養補助食品などに使用されています。

 

 

クレアチンの効果や作用

 

クレアチンとは、肉や魚に多く含まれており、短時間・高強度な運動のパフォーマンスを向上させる働きがあります。

 

クレアチンの摂取によって、体内のエネルギー産生が高まることから、30秒以下の瞬発力が求められるスポーツにおいて効果を発揮します。

 

ボディビルや短距離走はもちろん、サッカーやバスケットボール、ラグビーなど、最大限の力を繰り返し爆発させるスポーツに適しています。

 

食事のみでクレアチンの必要量を摂取するのは大変ですし、カロリーやその他の栄養素の過剰になる恐れもあります。そのため、クレアチンサプリメントを活用することで、必要量を簡単に増加できるでしょう。

 

 

どれだけの種類がある?共通点や違いとは?

 

マイプロテインでは、クレアチンモノハイドレート・クレアピュアⓇ・クレアチンモノハイドレートタブレットの3種類のクレアチンサプリメントを取り揃えています。それぞれの共通点や違いをみていきましょう。

 

クレアチンモノハイドレートとクレアチンモノハイドレートタブレットは、1日分あたりのクレアチンモノハイドレート量が3gと同じなので、パウダータイプかカプセルタイプか、好みの形状を選ぶと良いでしょう。

 

クレアチンモノハイドレートとクレアピュア®の主な違いは原材料です。クレアピュア®は、ドイツのAlzchem社が製造する高品質のクレアチンモノハイドレートを使用しており、99.9%以上の最高純度を誇ります。

 

クレアチンは、クレアチニンと呼ばれる代謝物になって腎臓から排泄されますが、サプリメント摂取などによってクレアチンの摂取量が増えると、腎臓への負担が増えてしまいます。

 

製造状況と原材料の処理によって、クレアチン モノハイドレートの品質は大きく左右されます。クレアピュア®のように質の高い原材料を使用すると、クレアチニン、ジシアンジアミド、ジヒドロトリアジンのような不純物が少なくなります。

 

 

どのクレアチンが一番合う?

 

マイプロテインの3種類のクレアチンサプリメントのうち、あなたにぴったりの製品を選んでみましょう。

 

使い続けやすさを求める方はクレアチンモノハイドレート

 

マイプロテインのクレアチンモノハイドレートはコストパフォーマンスが良く、毎日使い続けやすいクレアチンサプリメントです。ノンフレーバーならお好みのドリンクに加えてお召し上がりいただけますし、フレーバー付きなら水に溶かして気軽に飲むことができます。

 

クレアチンの純度の高さを求める方はクレアピュアⓇ

 

最高純度(99.9%以上)かつ最高品質のクレアチン製品であるクレアピュアⓇは、「クレアチン界のダイヤモンド」と呼ばれるほどの純度の高さを誇ります。

 

厳しい品質管理の下で製造されており、不純物含有量をチェックする厳しいテストを経ているため、安心してお召し上がりいただけます。

 

クレアチンの純度にこだわる方や、健康効果を期待される方、エビデンスが優れたものを選びたい方は、クレアピュアⓇが適しているでしょう。

 

手軽にクレアチンを摂りたい方にはクレアチンモノハイドレートタブレット

 

飲みやすいタブレットタイプのクレアチンモノハイドレートタブレットなら、パウダーを溶かす手間を省くことができ、持ち運びも簡単です。運動前後にも手軽に飲むことができますし、クレアチンの匂いや味が気になる方にも適しています。

 

クレアチン摂取のタイミング、一日に何回摂取できる?

 

クレアチンモノハイドレートは、運動前・中・後のいずれかに150〜250mlの水やジュースに溶かして飲むようにしましょう。

 

クレアピュアⓇも同様に150〜250mlの水又はジュースに溶かします。1日1回摂取可能です。クレアピュアⓇは、できるだけ運動の直前または直後に摂取するようにしましょう。

 

クレアチンモノハイドレートタブレットは、運動前または運動後に1日1回、3錠を目安にします。

 

 

他のミネラルサプリメントご紹介 

 

マイプロテインでは、クレアチンサプリメント以外にも、スポーツのパフォーマンスを高めるミネラルサプリメントを取り揃えています。

 

アルファ メン マルチビタミン タブレット

 

アルファ メン マルチビタミン タブレットは、ビタミンだけではなく、カルシウムやマグネシウムなどを配合。さらに、銅が配合されているので、活発でスムーズな動きを助け、身体をダメージから守ります。

 

亜鉛 & マグネシウム カプセル

 

亜鉛 & マグネシウム カプセルは、アクティブなトレーニングを支えてくれるサプリメントです。亜鉛は負けないカラダづくり、マグネシウムは正常なカラダの活動をサポートします。タフなカラダに欠かせないビタミンB6も配合されています。

 

まとめ

 

クレアチンは瞬発力が求められるスポーツに欠かせないサプリメントです。クレアチンモノハイドレートの効果は科学的にも証明されていますので、よりパフォーマンスを高めたい方や、トレーニング効果を高めたい方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。目的や好みに合わせて、あなたにぴったりの製品を選んでみてくださいね。マイプロテインでは、プロテインをはじめ、アミノ酸やミネラルサプリメントなど、さらなる高みを目指すアスリートのための製品を取り揃えています。

本記事は情報提供および知識向上を意図としたものであり、専門的な医療アドバイスを目的としたものではありません。ご自身の健康に何か懸念がある場合は、健康食品を摂取する前もしくは食習慣を変更する前に、専門医やかかりつけの医療機関にご相談ください。

  1. https://www.creapure.com/jp/kureatinfaq/kureatinmonohaidoretotoha
  2. https://www.jpnsport.go.jp/hpsc/Portals/0/resources/jiss/info/doc/JHPS/jhps5_93-105.pdf
  3. https://www.pharm.kitasato-u.ac.jp/poison/DShomepage/creatineippan.html
myprotein