筋トレ

今日から実践!ジムでの不安を解消する5つの方法

今日はジムに行く!と決めた日でも、なかなか気乗りせずジムに行くスイッチが入らないことってありますよね。

もしかしたらそれは、ジムに通うのが初めてで、常連のトレーニーやケーブルマシン、バーベルに圧倒されてどこから手をつけていいかわからない、居場所すら無いように感じるからかもしれません。または長い間休んでいたジムに戻ることに不安を感じているのかもしれません。実はこのような不安な気持ちは、あなただけではなく私達の多くの人が抱くものですのでご安心を。

しかし、不安な気持ちのままフィットネスを継続していくことは理想的ではありません。そこで今回は、少しでも快適にトレーニングを行い、皆さんに前向きにジムに向かってもらえる5つの方法をご用意しました。今日からぜひ実践してみてください!

1. 友達と一緒にジムに行こう

これは既に考えている人も多いかもしれませんね。身体を鍛えるという共通点をとおして、ジムで新しい交友関係を開拓するのも一つですが、第一歩としては普段から気の合う仲間をジムに誘って一緒に通う方がハードルが低く、簡単です。ジムに通うことがストレスにならず、社交の場としてもジムを楽しむことができます。

もしあなたが初心者で、まだまだよく分からないという場合、トレーニングについて少し知識のある友達が近くにいるのであれば、その人と一緒にジムに行くのも大変有効です。

他のトレーニーの視線が気になる、落ち着かないとジムに行くのが不安になってしまう人は、友達を連れてくると本当に気が楽になるのでオススメです。

2. 空いてる時間帯を狙おう

ジムが混み合う確率が高い午後6時を避け、オフピークの時間帯に行くようにしましょう。早朝や深夜の方が、ワークアウトをするには静かな時間帯です。そして早朝は空気もどこか特別感があり、朝日を浴びながらワークアウトに向かうと1日のモチベーションも上がります。

オフピークの時間帯にジムに通うことは、より静かで集中できるだけでなく、自分があまり自信を持てない器具を周りをの目を意識せず試してみることができるのもメリットの一つ。このタイミングを大いに活用すれば、さまざまな動きやエクササイズに自信を持てるようになり、忙しいジムの時間帯にも試してみることができるようにもなります。

3. リサーチ&計画を立てよう

今日は脚や背中を鍛える日?それとも有酸素運動に集中するべきか?これらは、ジムに行く前に把握しておいたほうが良い内容です。1種目を終えたあと、次は何しようと悩む時間があるとそれもまた不安につながったりします。これを何回何セット今日はやる、そして次はこれ!そう決めていれば迷いもなく、不安を最小限に抑えてトレーニングに集中できるので、ぜひメニューは決めておきましょう。

何のトレーニングをしたいのかが分かったら、使いたいけどまだ馴染みのないマシーンや器具について調べてみましょう。そうすることで、新しいことに挑戦する自信がつきますし、ジムで出会うトレーニー達との会話も広がります。

4. お気に入りのプレイリストを作る

ヘッドフォンを装着して、周りで起こっているすべてのことを忘れてしまうことほど強力なことはありません。これは、ジムでの不安を大規模に落ち着かせることができ、周りのことよりも、あなた自身、トレーニング自体に集中できるようにしてくれます。

正しいプレイリストを持っていれば、何事にも挑戦できるような気分になれるはずです。Spotifyにはマイプロテインがまとめたプレイリストもありますのでぜひチェックしてみてください。

5. 一番心地良いと感じるウェアを着る

あなたが好きな服を着ているとき、コーディネートはばっちりきまった時、自信が一瞬にして高まったという経験をしたことがあるという人は多いのでは?あなたジムウェアもこれと同様です。

また、機能面でもジムウェアは大切です。吸汗性や通気性を考慮しているウェアやサポート力のあるウェアはジムで最後まで心地よくトレーニングを行うためにはおすすめしたいアイテムの一つです。きついセッションもその後に見る鏡にお気に入りのウェアに見を包んだ自分が映ると達成感とともにジムでの自信もついてきます。

マイプロテインでは、朝のランニングから土曜日のヨガの練習まで、すべてに対応するスタイリッシュなウェアをご用意していますので、ぜひこちらからチェックしてみてください。

まとめ

多くの人々が勇気が出なくてジムに入ることも躊躇している中、意を決してジムに入会し通う決断をしたあなた。実はそれだけで、充分に大きな成果なのです。多くの人が一歩を踏み出せずにいるのですから、もっと胸を張って良いんです。

まだジムに入会して日が浅く、居場所が見つけられない人も今回ご紹介したヒントをいくつか取り入れてジムでの活動を充実させていってくださいね。可能な限り不安要素を減らし、ワークアウトに集中するために必要な安心感を与えることができるはずです。

トレーニーが注目するL-グルタミンとは?効果や副作用などを解説

サプリメント

トレーニーが注目するL-グルタミンとは?効果や副作用などを解説

2020-03-16 17:38:00Claire Muszalski について

ボディメイクのために知っておきたいホエイプロテインの飲み方と吸収時間 

サプリメント

ボディメイクのために知っておきたいホエイプロテインの飲み方と吸収時間 

2020-10-21 00:00:59小谷 鷹哉 について

マンネリを回避!ミリタリープレスだけじゃない|肩を鍛える5つの筋トレメニュー

筋トレ

マンネリを回避!ミリタリープレスだけじゃない|肩を鍛える5つの筋トレメニュー

2020-09-30 09:59:19マイプロテイン編集部 について



マイプロテイン編集部

マイプロテイン編集部

作成者

マイプロテインで働く日本人チームが、サプリメント、トレーニング、フィットネス、レシピや食事などスポーツ栄養に関するお役立ち情報をお届けしてます。