サプリメント

痩せるサプリメント|減量サプリのトップ5!

やせることは簡単ではありません。一夜にして結果が出ることを期待している人は、、、考え直してください。体重を減らすことは、熱意、優れたトレーニングメニュー、ベストな食事法から始まります。ですが、体重減少を促進できる方法は存在します。今回は痩せる為のサプリメントのトップ5をご紹介します。

1. ダイエット ホエイプロテイン

プロテイン、つまりタンパク質と聞くと、大半の人は分厚い大きなステーキや筋肉モリモリの男性を連想します。ところが、ご存知でしたか? 食事の中のタンパク質の量を増やすと、体重減少が早まり、満腹感が得られるのです。

ホエイプロテインとは、実はチーズを作る工程の中で得られる副産物であり、最も愛用されているサプリメントかつ優れたタンパク質の供給源です。ホエイプロテインが市場に出回る中で最も人気のある栄養補助食品なのには理由があります。吸収が早いその特性とアミノ酸の含有量の高さが体にさまざまな恩恵をもたらしてくれるのです。回復の効率を高め、引き締まった筋肉量の維持と増加に貢献するホエイプロテインは、満腹感と体重減少にも関連があるとされています。

ホエイプロテインによる体重減少

例を挙げれば、フレシュテット氏らによって行われた二重盲検法の (試験担当者にも正解が伏せられた) 12週間にわたる研究 (2008年) の中では、過体重の参加者に摂取カロリーを1日500Kcal減らした食事が提供されました。参加者たちは朝食の20分前と夕食の20分前に、ホエイプロテイン飲料か、カロリー計算された混ぜるだけの飲料を飲むように指示されました。

どちらの集団にもかなりの体重減少が見られましたが、体重がより多く減ったのはホエイプロテインベースの飲料を飲んだ集団のほうでした。それだけでなく、ホエイプロテインを12週間にわたって摂取した人々は体脂肪がより多く減り、引き締まった筋肉の減少量はより少なかったのです。

ホエイプロテインはやせるための食事の一部に取り入れるべきサプリメント第一位です。スプーン山盛り1杯のimpactダイエットホエイを、牛乳、低脂肪ヨーグルトまたは水に混ぜ、運動後の朝または夜寝る前に飲んでみてください。

2. L-カルニチン

実際のところ、L-カルニチンとはいったい何でしょうか?L-カルニチンは肝臓と腎臓において、アミノ酸のリシンとメチオニンから作られる天然の化学物質です。なるほど、、、なぜそれほど特別なのでしょうか?

L-カルニチンは体内で幅広い恩恵をもたらします。中でも一番は体重の減少を助けることです。L-カルニチンは長鎖脂肪酸をミトコンドリアに運搬し、長鎖脂肪酸はそこで酸化してエネルギーを生み出します。これにより私たちの体は、がんこな脂肪の蓄えをエネルギーとして燃やすことができるのです。

L-カルニチンによる体重減少

それだけでなく、最近の科学的データによれば、L-カルニチンは運動の負荷による細胞の損傷を防ぐ役割を果たし、L-カルニチンの摂取はトレーニング、競争力、運動後の回復に対して実際によい効果があるそうです。

L-カルニチンを食前に2カプセル摂取して、やせるための食事法とトレーニングメニューを後押ししましょう。

3. BCAA

BCAAは分枝鎖アミノ酸 (branched chain amino acid) の略です。アミノ酸をご存じない方のために説明すると、アミノ酸とはタンパク質の基礎となるものです。分枝鎖アミノ酸は他とは違って、食事の中で摂取しなければなりません。BCAA は筋肉の回復に直接関係があり、優れたエネルギー源として体内で使うことのできる数少ないアミノ酸の一つで、ロイシン、イソロイシン、バリンの3種類があります。

ふむふむ、、、それで、BCAAはどう体重減少の役に立つのですか?

BCAAによる体重減少

BCAAの摂取は体内のインシュリンレベルを調整するのに役立つという研究結果が示されており (シャー氏、2012年)、レイマン氏による科学的検討 (2003年) にてロイシンの代謝的役割が体重減少を促進するという新たな証拠が示されたように、いくつかの異なる代謝反応において大きな役割を果たしていることが判明しています。

体重減少の促進のためには、朝起きてすぐ、運動の前後にBCAAを摂取しましょう。

4. 緑茶抽出物

イギリス人は皆、いつもお茶を飲んでいます。お茶をちょくちょく飲むことには、実は健康にいい効果があるのです。緑茶を飲んでいれば特に効果的です。定期的に緑茶を摂取すると健康に対する多くの恩恵が得られることは、大量の科学的研究により証明されています。体重減少は、その恩恵の中の一つにすぎません。

緑茶はどのように体重減少を手助けしてくれるのでしょうか?

緑茶による体重減少

緑茶は代謝を活性化させるとして知られています。しかし実際のところはそれほど単純ではありません。緑茶にはポリフェノール、厳密にはカテキンと呼ばれる化合物が含まれています。このカテキンは実際に抗酸化作用を持ち、体内における一連の代謝反応に耐えることができます。

ハーセル氏らの研究 (2009年) では、カテキンを長期間にわたり摂取した被験者群の体重が顕著に減少したことが判明しています。代謝を高めるとされている他の化学物質とカテキンの効果を比較するため、ハーセル氏はカフェインの常習的な摂取による体重減少効果も測定しましたが、カフェインの場合は体重の顕著な減少は見られませんでした。全体的に見て、カテキン (没食子酸エピガロカテキン) が体重減少および体重維持によい効果を持つ可能性があることを指し示す証拠が科学的研究結果により示されています。

なので、優れた運動メニューと共に、バランスの取れた食事メニューの一部として緑茶抽出サプリメントを摂取すると、体重減少を助け加速させてくれる可能性があります。

5. オメガ3

最後にはなりましたが、負けず劣らず重要なものがオメガ3です。オメガ3なんて聞いたことがないという方、、、、、もっと早く知っておくべきでした。オメガ3はナッツや種子、サーモンやイワシ、サバなどの特定の魚から得られる必須脂肪酸です。

オメガ3の中にはDHA とEPA という2つの必須脂肪酸が含まれます。「必須」という言葉を見逃さないでください。これは、私たちの体はこれらの脂肪酸を生み出すことができないため、生きて機能していくためにはこれらを食事の中で摂取しないといけないことを意味しています。イギリスでは、脂肪の多い魚を1週間に最低1食分食べることが推奨されていますが、多くの推奨事項と同じように満たすことは難しいのが現実です。

オメガ3はさまざまな研究の中で、心血管疾患、高血圧、2型糖尿病の罹患を減らすなど、健康面で大きな効果があることが判明しています。運動をしている人の場合は脂肪酸の需要はすでに高くなっていますが、長鎖オメガ3脂肪酸を摂取すると体重減少にも貢献できる可能性があります。

オメガ3による体重減少

例を挙げると、パーラ氏による研究 (2008) では、カロリー制限食の中にオメガ3脂肪酸を取り入れた時、食欲がオメガ3脂肪酸の影響を受けるか否かが調べられました。8週間にわたり、オメガ3と満腹感の間に肯定的な関係が認められ、オメガ3の摂取が食欲の調整に役立ち、体重維持の目的に使用できる可能性があるという結論が出ました。

1日1~3回オメガ3のカプセルを摂取して体重減少を後押しすると、健康的な肌、髪、関節が手に入るだけでなく、代謝を助けて脂肪を燃やしつつ、食欲をコントロールするのにも役立ちます!

まとめ

やせるのを加速させたいのであれば、これら5つのサプリメントが最初の一歩にちょうどいいはずです。しかし、これらは魔法の薬ではありません。バランスの取れた健康的な食事と優れたトレーニングメニューがなければ、ほぼ間違いなく最大限の恩恵は受けられないでしょう。ですから、計画を作成してそれを守ってください。あきらめて後悔することはあっても、がんばって後悔することは決してありません。


Frestedt, J. L., Zenk, J. L., Kuskowski, M. A., Ward, L. S., & Bastian, E. D. (2008). A whey-protein supplement increases fat loss and spares lean muscle in obese subjects: a randomized human clinical study. Nutr Metab (Lond)5(1), 8.

Hursel, R., Viechtbauer, W., & Westerterp-Plantenga, M. S. (2009). The effects of green tea on weight loss and weight maintenance: a meta-analysis.International journal of obesity33(9), 956-961.

Layman, D. K. (2003). The role of leucine in weight loss diets and glucose homeostasis. The Journal of nutrition133(1), 261S-267S.

Parra, D., Ramel, A., Bandarra, N., Kiely, M., Martínez, J. A., & Thorsdottir, I. (2008). A diet rich in long chain omega-3 fatty acids modulates satiety in overweight and obese volunteers during weight loss. Appetite51(3), 676-680.

Shah, S. H., Crosslin, D. R., Haynes, C. S., Nelson, S., Turer, C. B., Stevens, R. D., … & Svetkey, L. P. (2012). Branched-chain amino acid levels are associated with improvement in insulin resistance with weight loss.Diabetologia55(2), 321-330.

ポストタグなし



マイプロテイン編集部

マイプロテイン編集部

作成者

マイプロテインで働く日本人チームが、サプリメント、トレーニング、フィットネス、レシピや食事などスポーツ栄養に関するお役立ち情報をお届けしてます。


【このブログ読者の方】本日、限定の特大セールを開催中! 今すぐチェック