スポーツ食事

ホエイプロテインの選び方|プロテインのWPCとWPIの違いとは?

プロテインを選ぶ際に、ホエイプロテインと言う言葉をよく見かけますよね?ホエイプロテインは、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン類、およびミネラル類だけでなく、さらにアミノ酸が多く含まれており、吸収されやすいことからボディメイクに最適なプロテインだと言われています。ホエイプロテインは、筋タンパク合成の促進、脂肪燃焼のサポート、インスリン感受性の向上、および食欲抑制に有用であることが知られています。また、グルタチオン(酸化防止剤)の産生量増大効果も認められています。

マイプロテインでは、同じホエイプロテインでも、ホエイを濃縮したタイプのWPC(濃縮乳清タンパク質)あるいは分離させ余分なものをは取り除いた WPI(分離乳清タンパク質)の2種類をご用意しています。WPCおよびWPIの両方ともタンパク質を含んでおります。ですが、WPIはWPCよりもさらなる処理過程を経て、よりタンパク質濃度の高い製品となっています。

この記事で分かること:
1. WPC(ホエイプロテインコンセントレート)とは何か?
2. WPI(ホエイプロテインアイソレート)とは何か?
3. マイプロテインのWPCとWPI
4. まとめ

1. WPC(ホエイプロテインコンセントレート)とは何か?

乳清をろ過するためにフィルターを膜処理した後に出来る液体を凝縮し、その凝縮した液体を乾燥させたのがWPCとなります。この様にろ過されて出来た液体には、脂質および乳糖(ラクトース)としての炭水化物などの栄養分も含まれています。

上記の様な不純物も含まれ、重要なタンパク質の含有量は80%となります。研究によりますと、ホエイプロテインが性能を発揮するにはこれらの不純物も未加工の状態である必要があるそうです。

2. WPI(ホエイプロテインアイソレート)とは何か?

アイソレートは一般的にタンパク質含有率が高いのが特徴の一つです。WPCのプロテイン含有量は約80%ですが、WPIの含有量はそれより多く90%となります。これは、クロスフローミクロフィルタレーション製法によるもので、この方法ですとタンパク質を脂質および炭水化物から分離できます。WPIは、WPCよりも低脂肪なので、ローファット ダイエットを実行している人に人気です。

また、WPIのもう一つの特徴は、乳糖含有量。こちらはWPCと比べると大幅に低く、乳糖不耐症の方々にも理想的な製品といえるでしょう。WPIを製造する際にWPCをさらに加工・精製するため、その構造は分解され一部の生物活性が失われてしまいます。ですが、タンパク質が変性しても、含まれているアミノ酸の構造と配列は変化せず、筋トレをする方が望むようなメリットには影響がありません。体内に取り込まれたタンパク質は消化過程で全て分解されアミノ酸になります。したがって、この過程が消化器官で行われるか製造過程で行われるかには関係がないのです。

3. マイプロテインのWPCとWPIの比較

マイプロテインのWPCとWPIの成分分析表をまとめておきます。ホエイプロテイン選びの参考にしてください。

比較表: Impact ホエイプロテイン
(WPC)
IMPACTホエイアイソレート
(WPI)
エネルギー 103 kcal 93 g
脂質 1.9 g 0.1 g
炭水化物 1.0 g 0.6 g
タンパク質 21 g 23 g
味の種類 60 種類 40 種類

※一食あたり1スクープ(25 g)を表示。

4. まとめ

ホエイプロテインの種類は目的、予算、アレルギーなどを参考に選びましょう。WPCは乳糖を多く含むので、乳糖不耐症であるならばWPIを選んだ方が良いでしょう。ですが、WPIの製造には、より多くの工程を要するため、WPCの方がお財布には優しいです。ぜひこの記事を参考にあなたにピッタリのプロテインを見つけてください。

本記事は情報提供および知識向上を意図としたものであり、専門的な医療アドバイスを目的としたものではありません。ご自身の健康に何か懸念がある場合は、健康食品を摂取する前もしくは食習慣を変更する前に、専門医やかかりつけの医療機関にご相談ください。


マイプロテイン編集部

マイプロテイン編集部

作成者

マイプロテインで働く日本人チームが、サプリメント、トレーニング、フィットネス、レシピや食事などスポーツ栄養に関するお役立ち情報をお届けしてます。