スポーツ食事

BCAAはサッカーにおいても効果があるのか?

BCAAはサッカーにおいても有効か?

フィットネス界ではBCAAは最も利用されているサプリメントの1つです。そもそもBCAA (分岐鎖アミノ酸) とは、ロイシン、イソロイシン、バリンの3つから成り立っています。これら3つのアミノ酸は、体内で作ることができないため、食事から摂取する必要があり、それゆえに「必須アミノ酸」に分類されています。

BCAAは特にカロリー不足の時に有効です。1日に十分な食事を摂り、十分なカロリー摂取を行なっている場合、多くの栄養、ビタミン、ミネラルを取り入れているため、筋肉の発達や筋組織の回復に有利となりますが、食事制限を行い、摂取するカロリーをある程度抑えていると、体内では筋肉の分解が起こりやすくなってしまいます。BCAAが含まれているサプリを摂取することは、目的・目標を問わず、また1日の摂取カロリーを制限している場合においても、そうした筋肉の分解を防止する一助となります。

サッカーの試合前から試合中、試合後にかけてBCAAを摂取することで、90分間という長時間にわたってグラウンドを走り回る過酷なプレーにおいても、筋肉の分解を防止する助けとなります。キックオフの直前やハーフタイムを例に、BCAA摂取のメリット等を見ていきましょう。

まずBCAAは、お腹にたまりません。ハーフタイムや試合前に何か食べることでBCAAを摂取することはもちろん可能ですが、お腹が張ってしまい、場合によっては気分が悪くなってしまうこともあります。特にハーフタイムは基本的に15分しかないため、食べ物を消化するには時間が足りません。

次に、BCAAは粉タイプやタブレットタイプでの摂取が可能という利点があります。これらの摂取は、簡単に素早く行うことができます。特に粉タイプは、ドリンクに混ぜて試合時間中に継続摂取することもできます。

3つ目に、試合前、試合後の栄養摂取はしっかり行うことが大切です。十分に管理された食事と合わさることでサプリはより効果を発揮します。試合前の炭水化物とタンパク質の摂取は、試合のエネルギーのためにも、筋肉の分解を防ぐためにも、極めて重要です。

試合開始前90-120分前には適度な食事を摂るようにしましょう。消化に十分な時間をかけ、エネルギーとするためにも、こうした時間は必要です。試合後も同様に、良質なタンパク質と、複合炭水化物、単一炭水化物の両方の形態で炭水化物を摂取することが不可欠です。身体にエネルギーを補充し、筋肉の回復を即座に行うため、試合後、できるだけ早く食事をすることが好ましいでしょう。

手っ取り早く、かつ手軽に筋肉の回復や、試合で使い果たした筋グリコーゲン(筋肉を動かすのに必要なエネルギー)の補充を行うためには、良質な(アミノ酸スコアの優れた)プロテインパウダーとバナナ一本を合わせて摂ることがお勧めです。試合中のBCAA摂取とこうした食事を合わせることで、エネルギーの補充を適切に行うことができ、試合も最高に充実したものになります。

最後に、これは私自身がサッカーをやっていた時の経験ですが、BCAAとカフェインを一緒に摂取することが、試合でのパフォーマンスを充実させる最高の方法です。

BCAAは運動のためのエネルギーそのものにも使うことができます。BCAAにカフェインや、ビタミン、ミネラルなどが加えられたBCAA製品もあります。

90分間という長時間、場合によっては延長戦や、試合中のミスによる罰として(私自身、過去に経験があります)それ以上の時間グラウンドを走り回らなければならないことを考えれば、BCAAのような刺激的なサプリを選ぶと良いでしょう。

ポストタグなし



マイプロテイン編集部

マイプロテイン編集部

作成者

マイプロテインで働く日本人チームが、サプリメント、トレーニング、フィットネス、レシピや食事などスポーツ栄養に関するお役立ち情報をお届けしてます。